top of page

【ノート計画】#ノート計画 #あきたUD #授業のユニバーサルデザイン #日本授業UD学会あきた支部 #特別支援教育 #SDGs #0904



櫻田武です。


「算数・数学ワーキンググループ における審議の取りまとめ」には、「学びに向かう力・人間性等」における資質・能力について次のように記述されています。


1 数量や図形についての感覚を豊かにするとともに、数学的に考えることや数理的な処理のよさに気付き、算数の学習を進んで生活や学習に活用しようとする態度


2 数学的に表現・処理したことを振り返り、批判的に検討しようとする態度


3 問題解決などにおいて、よりよいものを求め続けようとし、抽象的に表現されたことを具体的に表現しようとしたり、表現されたことをより一般的に表現しようとするなど、多面的に考えようとする態度


筑波大学附属小学校の盛山先生は、これらの文言から、今までは問題解決の結果を求めるまでを重視していたが、これからは結果が出た後の態度も育成すべき資質・能力として大切にしていこうとしていることが読み取れる、とお話しされています。


算数・数学は、「正解を出す」というイメージが強いですよね。


しかし、正解を出すだけではないということです。


正解が先にあって、その道筋や根拠が美しいのは(シンプルなのは)どちらかを考えたり、


なぜ、その数式になっているのか考えたりすることも必要です。


そして、単元を俯瞰してみて、「割合とは、何倍かを調べることだから割り算なんだ」とか、「整数の割り算も、少数の割算も、分数のわり算も考え方は同じなんだ」とその性質に気付いたりすることも必要です。


どうすれば、そのような授業づくりができるかと言いますと、算数の授業のノート計画を立てることです。


最初は苦しいかも知れません。


しかし、1年間続けるうちに、慣れて早く作れるようになってきます。


内容のつながり、授業と授業のつながり、学年のつながりが分かってきます。


算数だけでなく、他教科にも応用できることが分かってきます。


あとは、べき乗でグングン授業力が上がっていきますよ。


努力しましょう。


それでは、また。


今日もありがとうございました。


>>>>


>>>>>

授業のユニバーサルデザイン 櫻田武


UDラジオ#11【そばに大人がついていないと遊んでしまう子への対応は?】


UDラジオ#12【支援をしても無気力・さわぐ子への対応は?】


UDラジオ# 13 【学習に集中できない子供】


UDラジオ#14【整理整頓が苦手な子供】


UDラジオ#15 【独り言を言ったり、歌を口ずさんだりしたり、物音を出したりする子供】


>>>>>

>>>>>>>>>

*櫻田オススメの本


シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 (NewsPicksパブリッシング)安宅和人


・時間投資思考ー時間が増えれば人生が変わるーロリー・バーデン


・脳科学マーケティング100の心理技術ーロジャー・ドゥーリー


・記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス) (日本語) 新書 – 池谷 裕二 (著)


・「ニュータイプの時代」山口周 〜「正解を出す力」に、もはや価値はない!〜

閲覧数:48回0件のコメント
bottom of page