top of page

【園長先生のお話】#園長先生 #環境設定 #あきたUD  #日本授業UD学会 #ユニバーサルデザイン #0601


櫻田武です。

数年前、就学支援のために保育園を回っていた時に、園長先生から聞いたお話です。

>>>>>>

雪が降る前に、子供たちがチューリップの球根をプランターに植え、春になって花が咲きました。

すると、ある日、男の子が誰に頼まれたわけでもなく、じょうろでチューリップに水をやっていました。

しかし、水がなくなった途端、男の子はじょうろを放り投げたのです。

その行為は、教育上指導するべき内容だと思います。

ただし、その点だけに触れてできないことばかりに焦点を当てるのではなく、子供自身がやろうとした意欲を大切にすることや、既にできていることを認めることの方が大事だと思います。

先程の男の子であれば、じょうろを片付けなかったことより、思いをもってチューリップに水をやったことを認めるべきだったのです。


そうであれば片付けようねと言う前にすべきことがあったはずです。

そもそもこの言葉を言う必要がなかったかもしれません。

できないことにも理由がありました。

園長先生が一緒に片付けようとした時、じょうろを掛けるところが、子供が一人で掛けるには難しい状態になっていました。

これでは片付けようという気持ちもなくなってしまいます。

だから、片付けやすい環境の工夫をすればよかったのです。

つまり、片付けなかったの子供のせいではなく、保育園の方がもっと配慮すべきことだったのです。

子供にはいろいろな思いがありますし、保育者は子供を注意する前にするべきことがたくさんあります。

そうしたことも踏まえず、とっさに片付けようねと言ってしまった私たちの言葉がどんなに短絡的だったか、反省させられた出来事でした。

>>>>>>

小学校の先生方は、ついついしつけのできていない1年生を見て、「いったい園ではどんな教育をしてきたんだ」と言ってしまいます。

中学校の先生方は、同じように「一体、小学校ではどんな指導をしてきたんだ」と言ってしまいます。

まずは足を運んで子供たちの様子や先生方の様子を見て、体験して、そしてリスペクトしたいですね。

新学習指導要領は初めて、園から高校まで、「3つの柱」が統一された学習指導要領です。

指導する場所や先生が変わっても、子供主体の教育を継続するためです。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

>>>>

>>>>>


「UDラジオ」


UDラジオ#1【支援の必要な子を置いてけぼりにしない授業は?】


UDラジオ#2【全員に効果的な手立ては?】


UDラジオ#3 【「丁寧な説明と指示」「必要最低限の情報」のバランスがとれない】


UDラジオ#4【上位の子への対応は?】


UDラジオ#5【授業UDの例を知りたい】


UDラジオ#6【UDの教室環境は?】


UDラジオ#7【聴覚過敏の子供への配慮は?】


UDラジオ#8【支援の必要な児童がいると思って環境整備をする?】


UDラジオ#9【子供の学びにくさをどのように察知するとよいのか?】


UDラジオ#10【ASD傾向の子の周囲の子への言葉がけは?】


>>>>

<櫻田オススメの本>


・やさしくわかる 愛着障害 米澤好史 


・愛着障害の克服 岡田尊司


・漫画でわかる愛着障害 岡田尊司


・愛着障害は治りますか? 愛好修子


・こども六法 山崎聡一郎 (著)


・Newton 2021年6月号「人間心理がよくわかる心理学の授業」


・クラスがうまくいく!『学び合い』ステップアップ  西川純 (著)


・国語科授業の教科書[改訂版] 授業づくりの教科書 野口 芳宏 (著)


・自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫) Kindle版東田 直樹 (著)


・天才の精神病理―科学的創造の秘密 (岩波現代文庫)


・『子どもたちに「7つの習慣」を』スティーブン・R・コヴィー (著) キングベアー出版


・『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー (著) キングベアー出版


・『第8の習慣』スティーブン・R・コヴィー (著)キングベアー出版


・『7つの習慣 原則中心リーダーシップ』スティーブン・R・コヴィー (著) キングベアー出版


・『偉大なる選択』スティーブン・R・コヴィー (著) キングベアー出版


・自分の小さな「箱」から脱出する方法〜人間関係のパターンを変えれば、うまくいく! アービンジャー・インスティチュート


・世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~ (光文社新書) 山口周


・授業づくりネットワークNo.37―多様性を受けとめる教室 (授業づくりネットワーク No. 37) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/12/18


・Number(ナンバー)1018号[雑誌]SPECIAL FEATURES 藤井聡太と将棋の冒険。


・LDの「定義」を再考するー一般社団法人 日本LD学会


・授業を磨く−田村学


・ナッジ!? 那須耕介 (著), 橋本努


・オンライン学習・授業のデザインと実践 赤堀侃司


・YouTubeで授業/学級経営やってみた!


・FUTURE EDUCATION! ――学校をイノベーションする14の教育論


・パフォーマンスアップ3つの法則 著者: スティーブ・ザフロン、デイヴ・ローガン


・億万長者のお金を生み出す26の行動原則 (著者:ダン・ケネディ)


・説得の心理技術 (著者:デイブ・ラクハニ)


・一流の達成力 原田隆史


・IoT開発スタートブック ── ESP32でクラウドにつなげる電子工作をはじめよう! 下島健彦


・リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす エリック・リース 江口耕二


・FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 Kindle版ハンス・ロスリング (著), オーラ・ロスリング (著), & 3 その他


・COCORA 自閉症を生きた少女 1 小学校 篇


・『超一流になるのは才能か努力か?』アンダース・エリクソン


・「原因」と「結果」の法則 ジェームズ・アレン  (著), 坂本 貢一 (翻訳) 


・「継次処理」と「同時処理」 学び方の2つのタイプ: 認知処理スタイルを生かして得意な学び方を身につける 単行本 – 2019/9/10藤田 和弘 (著)


・AI時代に生きる数学力の鍛え方: 思考力を高める学びとは 単行本 – 芳沢 光雄 (著)

閲覧数:103回0件のコメント

תגובות


bottom of page