top of page

【心のバリアフリー学習】#心のバリアフリー学習 #あきたUD #授業のユニバーサルデザイン #日本授業UD学会あきた支部 #特別支援教育 #SDGs #0907



櫻田武です。

私は、もともとは通常学級担任でしたが、特別支援学級(特殊学級)担任を経験してから、特別支援学校教育にとっぷりハマってしまい、免許もとって、特別支援学校でも勤務し、国立特別支援教育総合研究所でも研修させていただきました。


本当に、特別支援教育は奥が深いです。


教育委員会に勤務して、平成29年度から文科省、法務省の委託を受けて行った活動が、「心のバリアフリー事業」です。


大仙市で特別支援教育の推進を図るためには、文科省事業に手を挙げるのが早いと考え、期日が迫っている中、各学校を回って理解を求め、申請書類を書くために、講演先に向かう空港で文書をまとめてました。


事業の中の講演会の講師を探して、特総研(国立特別支援教育総合研究所)でお世話になった久保山先生、UD学会理事の川上先生にも、移動先のホテルからお願いしたりして(笑)


今年度、この文科省委託事業が評価されて、事業をお願いした大仙市立内小友小学校、大仙市立大川西根小学校、秋田県立大曲支援学校が、秋田県の心のバリアフリーモデル地域となりました。


ものすごく、嬉しい限りです。


ユニバーサルデザインの授業づくりの基礎環境になるのが、クラスの感情的共有。


これがなければ、概念の共有はできないと言われています。

感情的共有化を図るためにも、「心のバリアフリー」障害者理解教育は役立ちます。

というか、今は、全ての子供に心のバリアフリー学習を行うことになっているのですが、行ってないでしょう? あなたの学校では(笑)


櫻田が作った心のバリアフリー学習用プレゼンテーションのテンプレートをシェアします。

アレンジして使ってください。



ああ、その後文科省が、もっと素晴らしい心のバリアフリーのノートを作成したんでした。こちらを使ってください。(笑) https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1394142.htm


それでは、また。

今日もありがとうございました。


閲覧数:40回0件のコメント

Comments


bottom of page