top of page

【ルールを守れないのはなぜか?】




櫻田武です。


子どもたちが、学校のルールを守れない理由は簡単です。


それが先生方から一方的に押し付けられたルールだからです。


先生たちが、学校のさまざまな目標を達成できない理由も同じです。


学校であろうが先生であろうが子どもたちであろうが、組織が抱える根本的な問題のひとつは、人は他人が決めたことには身が入らないということです。


毎年、学校では、教職員目線で子どもたちや学校体制を評価、保護者目線で子どもたちと学校体制を評価するはずです。


校務分掌の担当ごとの会議を行い、データを見ながら問題から仮説を立て、具体的な行動を年間計画に落とし込みましょう。


目の前の子どもたちは毎年成長しているのですから、もう達成されている無駄な目標はカットし、必要な目標だけにしましょう。


その目標を頭に入れながら、子どもたち自身に自分たちの問題点を挙げさせて目標を立てさせ、児童会や学級において、時間を区切って評価目標を立て、そのための作戦を決めましょう。


もう一度繰り返します。


人は他人が決めたことには身が入らないということです。


これが、原則です。


それでは、また。


今日もありがとうございました。


>>>>>>>>>>>>

櫻田の推し本


『思考の穴』アン・ウーキョン 他1名

イェール大学集中講義 思考の穴──わかっていても間違える全人類のための思考法




閲覧数:10回0件のコメント
bottom of page